×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

       
レーシックQ TOP
眼のしくみ
近視について
危険なめがね
危険なコンタクトレンズ
レーシックについて
レーシックの歴史
レーシックの効果
レーシックの利点
レーシックを受けられない人
レーシック手術の流れ
レーシック治療費
術後よくある症状
術後まれにある症状
レーシック体験談
レーシックのしくみ
レーシックQ&A
レーシック説明会案内
レーシックで夏の想い出
レーシックでスポーツ
オルソケラトロジー
書籍 視力回復法
書籍 レーシック
コンタクトレンズ
視力回復グッズ
眼に効く ブルーベリー
眼に効く カシス
眼に効く ルテイン
眼に効く 八つ目うなぎ
眼に効く めぐすりの木
美容
品川近視クリニック
神戸クリニック
松原眼科クリニック
神奈川クリニック眼科
マリーシアガーデンクリニック
柏眼科クリニック
加藤眼科レーシックセンター
東京八重洲クリニック眼科
銀座眼科
南青山アイクリニック
ショップチャンネル
ゴルフダイジェスト・オンライン
登山用具のさかいやスポーツ
レーシックQについて

** 神戸クリニック **

レーシックについて
コンタクトの悩みを解決
近視について


品川近視クリニック

レーシック専門視力矯正クリニック【神戸クリニック】東京・神戸・小倉

眼科松原クリニック眼科松原クリニック

神奈川クリニック眼科神奈川クリニック眼科

柏眼科クリニック柏眼科クリニック

加藤眼科レーシックセンター

東京八重洲クリニック眼科

銀座眼科

王道!ネットでお小遣い
王道!ショッピング
お役立ちリンク集
レーシック完全ガイド
レーシックナビ
レーシック777
レーシックタイム
レーシック入門
レーシックワールド
レーシック攻略ガイド
レーシック安心百科
レーシック未来館
レーシック21
レーシックオールガイド
レーシックJ
レーシック快適生活
レーシックお役立ち集
レーシックリポート
レーシックボイス
レーシックランド
ゴルフ宝船
ゴルフサンクス
ゴルファイヤー
ゴルフフルーツ
登山103
賢く借りるキャッシング
キャッシングトップ
テレビショッピングの森
ファッションプリン
たのしい旅行

品川近視クリニック

神戸クリニックが選ばれる7つの理由

角膜の構造としくみ

レーシックによる視力矯正手術は角膜の部分に対して行う手術です。ここでは、角膜の構造を紹介します。
角膜とは,眼球の最も外側の部分の透明な膜で,よこ11mm,たて10mm,厚みは中央で0.5mm、周辺部で0.7mmあり,「くろ目」にあたるところです。眼球のまわりの「しろ目」を強膜といいます。
角膜は管のない組織(無血管組織)で,周囲の血管網と前房水と涙によって栄養をとっています。また酸素は,ほとんど大気中からとっていますが,涙液からもとっています。
痛覚,冷覚には非常に鋭く,また痛覚は角膜中央部のほうが周辺部より敏感です。温覚についてはあるかどうかはっきりしていません。
角膜は、約0.5〜0.7mmの透明な膜ですが、その構造は大きく5層に分けられ、眼の表面より、「上皮細胞」、「ポーマン膜」、「角膜実質」、「デスメ層」、「角膜内皮細胞」となっています。

平均的な角膜は550ミクロン程度あります。レーシック手術では、術後の視力の安定のため、切除された角膜面から内皮までの間を250ミクロン残さなければならいという基準があります。フラップを作成する時に使用するマイクロケラトームではフラップの厚さは160ミクロン程度必要となります。そのうえ、誤差も20ミクロン程度発生する場合もあります。
実際にレーシックではどの程度角膜を削るのでしょうか。
削る量は近視度数に12倍をかけた値となりますので、−10Dの近視の人で120ミクロンも削ることとなります。また、乱視のある方については、−1Dで、約10%程度深く削る必要があります。
通常の人で削ることのできる角膜は140ミクロンとなりますが、コンタクトレンズを掛けている方は10年で約50ミクロンも角膜が減少していますのでさらに削ることのできる角膜は少なくなります。

上皮細胞

5〜7層の細胞から成り立っています。厚さは約50〜60マイクロメートルで、その表面は涙液により保護されています。この細胞は細胞同士がしっかりと組み合わさっていて、異物の侵入をブロックしています。また大変敏感で、わずかな傷で激しく痛みます。細胞の再生スピードがとても速く、小さな傷であれず数時間で修復します。また、手術などにより切除しても再生します。

■ ポーマン(Bowman)膜

角膜実質の表面にコラーゲン繊維が不規則に敷き詰められ、細菌などから眼を守っています。PRKやラセックではこの層が失われてしまいますが、その影響もなく存在がナゾとされている膜です。
 
■ 角膜実質

角膜の厚さの約90%を占め、主にコラーゲン繊維で形成され、ところどころに角膜実質細胞があります。角膜実質は、手術などで切除しても再生はしません。レーシックでは、この角膜実質にエキシマレーザーを照射し、切除します。

■ デスメ(Descemet)膜

薄い膜状の構造にもかかわらず、強靭で角膜の構造の保持に重要な膜です
デスメ膜に問題があると円錐角膜という疾患が起こります。

■ 角膜内皮細胞

角膜の一番内側の一層からなる細胞で、厚さ約5〜10マイクロメートルで、蜂の巣のような六角形細胞がシート状に並んでいます。角膜よりさらに内側にある前房から汲み上げて栄養や酸素を吸収し、角膜実質内の老廃物を排出するポンプの役割を担う細胞です。この細胞新しく再生せず、生まれた時には、1平方ミリメートル当たり約3,000個の内皮細胞が存在しますが、年齢とともに減少してゆき、成人平均で約2,000〜2,500個程度です。  コンタクトレンズの使用で酸素が供給されないと徐々に減少してゆきます。内皮細胞が減少すると水分の供給も少なくなり、ドライアイとなります。

神戸クリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニックでは「安全面・効果・最高の仕上がり」を実現するために必ずイントラレースFS30レーザーを使用します。それはあらゆる面でイントラレーシックは優れているからです。品川近視クリニックのイントラレーシックでは、ほぼ100%の方が視力回復しており、98%の方が1.0以上の裸眼視力を得ています。
品川近視クリニック

神戸クリニック

・豊富な治療実績 業界トップクラスの5360症例(2003年の開院から2005年6月末での症例数)
・海外の著名なクリニックとの連携による医学情報の共有
・生涯保障をはじめとした安心のサポート体制
・先進設備の完備(先進のレーザー機器・ウェーブフロント・EPI-LASIK)
・神戸クリニックは東京・神戸・小倉 全国に3箇所
レーシック専門視力矯正クリニック【神戸クリニック】東京・神戸・小倉

松原眼科クリニック

レーシックは他の手術と同様、医師の経験と技術が術後の結果に影響を与えます。松原クリニックの松原院長は、初期の近視手術であるRKを確立したロシアのフィヨドルフ博士のもとで学び、開院後RKにはじまり、PRK、レーシックと約8000例の手術を手がけ、豊かな見識で治療に当たってきました。
松原眼科クリニック松原眼科クリニック

神奈川クリニック眼科

手術のクオリティは、医師の手腕はもちろん、導入している機器の性能にも左右されます。神奈川クリニックでは日本で初めて、世界最高性能であるドイツWaveLight社製エキシマレーザーコンチェルトを導入し、ハイクオリティな手術を実現しています。
神奈川クリニック眼科神奈川クリニック眼科

柏眼科クリニック

進化した屈折矯正(近視・乱視・遠視)治療を行います。柏眼科クリニックでは、単に裸眼視力の向上を目的にするのではなく、裸眼視力の質をも向上させ、患者さん一人一人の満足度を追及します。また、技術革新に因って他院で手術不適応と判断された方でも、柏眼科クリニックでは問題なく良好な治療結果が得られる方も多くおられるので、近視・乱視・遠視が強い方も是非ご相談ください。
柏眼科クリニック柏眼科クリニック

加藤眼科レーシックセンター

加藤眼科レーシックセンターは実績ある眼科専門医による安心のレーシック。 安全性を最優先にしたレーザー近視治療、最新の設備と高度な医療技術。加藤眼科は常に理想の眼科医療を目指しています。
加藤眼科レーシックセンター

東京八重洲クリニック眼科

東京八重洲クリニック眼科では、近視・乱視のレーザー治療(LASIK・PRK)の講演会を行っています。 治療の原理、方法、安全性などについて 東京八重洲クリニック眼科院長が詳しい説明を行います。
東京八重洲クリニック眼科

銀座眼科

JR有楽町駅に近いという交通機関の利便のいい銀座6丁目にレーシッククリニック。
常に信頼性の高い機械を厳密に検査し最善の状態に保つことによって、大切な患者様の眼をベストコンディションでオペを行っています。
銀座眼科


Cool-website.NET
Copyrightc 2005 Lasik Q Rights Reserved.